Case study

導入事例

診療報酬適正化 2020.12.03

【レセプト点検事例3】消化性潰瘍診療の適正化

事例

アシノン錠150mg3錠とアスピリン3g×30日分(同一処方)。胃病変の適応病名なし

着目ポイント

かかりつけ医~病院まで、日常で行われている鎮痛剤×胃粘膜保護剤について、漫然投与には見直しが必要です。胃粘膜保護の効能を併せ持った薬剤の推奨、およびエビデンスに基づいた胃薬との併用投与を促します。

疑義対象

アシノン錠150mg3錠

指摘内容

適応病名がありません。消化性潰瘍ガイドラインより、NSAIDsと低アスピリン製剤の予防にはPPIとPG製剤を推奨とあり、推奨ではない薬剤です。

※エビデンス「消化性潰瘍診療ガイドライン」

 

査定見込み金額

削減可能額 2,370円

本件の詳しい情報やお見積もり依頼はお気軽にご連絡ください
お問い合わせフォーム